徳川家と龍華寺(とくがわけとりゅうげじ)
blog
祈り〜INORI〜
TOPへ
ご案内
山門
開祖日近上人
養珠院お万の方
東山天皇
本堂(徳川家)
祖師堂
観富園
松の名園
大蘇鉄(ダイソテツ)
大サボテン
文豪樗牛
恋塚
高山樗牛の遺言
行啓門
会館
七面堂
厄除け不動尊
御神木
昭和天皇
ちょっと一服

本堂

龍華寺本堂と富士山


只今の本堂(当時御祈願所)とこの庭(観富園)は徳川頼宣(紀伊徳川家)

徳川頼房(水戸徳川家)二卿の寄進で山平道勺等、当時天下の名匠を集め

十数年の年月を費やして完成したものであります。


お万の方猶子として優遇を受けた日近上人

寛文十年(1670年)開いた寺であります。

鬼子母神(徳川家家紋入り)

鬼子母神(徳川家家紋入り)



お釈迦様




本堂正面のお釈迦様の坐像は開祖日近上人手造りであります。

造営の施主紀州二第光貞の正室
安之宮で、    

安之宮母親伏見院法号天真院妙仁日雅大姉の菩堤を弔う為、

寛文元年(1661年)七月開眼されたものであります。





CopyRight(C)日蓮宗 観富山 龍華寺